5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

果たして本にする意味は?

1 :茶K統:1999/11/19(金) 21:55
目的スレッドとかぶってしまうかもしれませんが、
どのような意味があるのでしょうか?

2 :2ch編者:1999/11/19(金) 21:58
やっぱり2chの発展のため?(なんかちがうなー
最初に本にしたら?っていったひとはsakiさんだったっけ?
多分最初は軽いつもりでいったんだろうけど、、、

3 :元服太郎:1999/11/19(金) 22:02
実際に出たとしたら2ちゃんねるの質は落ちると思うんだにゃー。(素人が増える故にね)
その結果一部固定ハンがいなくなったりして面白くなくなったりするかも、、、ですにゃー。
まぁどうなるかはわからないんだけどにゃー。

てゆーか本気なのかどうだかわかんないんだけどニャー

4 :ひろゆき:1999/11/19(金) 22:09
多くの人があつまることで、
より多くの情報が集まるようになるとおもうです。
分散をしっかりやらないとねって感じ。。。。


5 :みなさん:1999/11/19(金) 22:11
文化祭(というか学園祭)の準備をするようなノリで
この状況を楽しんでおられるのではないでしょうか?

6 :みみずん:1999/11/20(土) 00:20
ついでに印税でひろゆきさんをうはうは言わせましょー

7 :ゆきねこ:1999/11/20(土) 17:38
ロビーよりも専門板が活性化するといいと思います。
今現在2chで遊んでる人たちも、全部の掲示板を知ってる人って少ないだろうし、
「2ちゃんねるのガイドブック」みたいなのがあったらいいなと思います。


8 :saki:1999/11/20(土) 17:45
おお。すばらしいです!>ゆきねこさん
ロビーは雑談。まさに「ロビー」ですからね。
色々なお部屋がにぎわってほしい。
専門分野を持つ人がもっとたくさん来ると、
色々な視点で見た意見が出て議論も白熱しそうだし…。

9 :名無しさん:1999/11/21(日) 08:38
初心者が増えると2ch原人としては嫌です。
議論とかもレベル下がっちゃうと思うし。
2chのノリに無理矢理合わせる初心者をみるのも勘弁です。
21歳以上!〜とかも「アゲー」「クレー」とか言ってる人
ばっかしで画像とかにありつけません。
個人的ですが、やっぱし反対です。


10 :うさまん:1999/11/21(日) 10:53
本にする意味を宣伝などを目的とするなら、よほど
内容を考えないといけないと思います。
まず誰かがきちんとした企画書の元となる形を起こして
企画意図・概要を提案した上で広く内容に関する意見を
募集して…という形にした方がいいと思います。
現状ではどうも「企画書をみんなで作りましょう」という
レベルのように感じますが、それだと多くの意見が集まり
過ぎて企画書が出来上がる前にコケそうな気がします。

本でしか出来ない表現があるという場合は本にする意味も
あるかと思いますが、単なる宣伝や活性化のみを目的と
しているのであれば、出版社側にとっては営業的な側面を
見ても渋い顔をされるのがオチだと思います。

それと2chガイドブックのような形ですと、それこそ
利用者が限られてしまいます。
それをインターネット上でやらずにあえて本という形で
出版するというのなら、本にする必要性なども考えないと
いけないのではないでしょうか。


11 :うさまん:1999/11/21(日) 11:42
本じゃなくて、こういうのはダメでしょうか?(^-^;)

企画名:「週刊2ちゃんねる」(仮)

メディア:
メールマガジン
メールマガジンとして発刊する利点は、まずなんと言っても
必要経費を最小限に抑えられること(経費ナシでも可能?)
また、2ちゃんねるを実際に見られる立場の読者が多数を
占めると推察されることから、2ちゃんねるの活性化につな
がり易い。

発刊形態:
週刊
専門掲示板では日々新しいスレッドが出来、話題も推移して
行くため、掲示板のリアルタイム性を保持したまま記事化し
メールマガジンとして発刊するにはギリギリの線では。

企画意図:
2ちゃんねるの現利用者、非利用者に対して2ちゃんねるの
各掲示板の旬の話題を記事化することで、より多くの専門板
への興味を喚起し、各掲示板の話題活性化を目指す。
メールマガジンへの広告掲載などにより得た金銭を2ちゃん
ねるの維持費用として主催者に提供する。

企画概要:
よくある「インターネットニュース」系メールマガジンの、
2ちゃんねる専門版。
2ちゃんねるの各掲示板に対してウォッチャーを設け、それ
ぞれの掲示板での旬の話題をダイジェスト化して記事にする。

備考:
専門板では専門用語や隠語・伏せ字などが多々用いられるため
出来る限りその専門分野に対して深い知識を持った(専門用語
や隠語・伏せ字の内容が分かる)人物をウォッチャーとしなけ
れば記事の執筆は困難かもしれない。
また週間ペースでの発刊となると、ウォッチャーの負担も相当
なものとなるので、話の流れの早い板では複数人のウォッチャー
が必要となる。

12 :むぎ茶:1999/11/22(月) 07:10
>11

つまらなすぎ。君1人でやればいい。




13 :お前な…:1999/11/22(月) 07:15
そのメルマガは誰が書くんだ?
その書く人の報酬はどうするんだ?
毎週無料で働かす気か?
それにだ、むぎ茶消えろ


14 :nota_bene:1999/11/22(月) 07:54
団扇ねたの本だったらメールでやれば良いと思う。

もし何らかの他人にも通じる一般性?を持たせたいなら
2chに関った其々の人々のバックグラウンドなり生活を
描かなければいけないだろう。
生活の中にある2chという感じだろうか。
つまり掲示板を作り参加する個人を描くことで
2chを浮かび上がらせるという方法を取らなければ
出版の意味は無いと思う。
「場」ではなく「人」に焦点を当てて結果的に「2chという場」が
感じられるのがbestでは?
掲示板なんて曖昧なもだからこそ財産は
「人が集まっている状態」だと私は考える。


だからネタではなく人に焦点を。

15 :うさまん:1999/11/22(月) 08:24
>13さんへ
うーん、広告収入が発生して、そこからギャラが支払える
状態になるまでは無料って形になっちゃうでしょうね〜(^^;

ただ、まぁ自分が「2ちゃんねる本」というものがイメージできない
ということもあるので、本にできるのか!?…と考えてみて現実化可能
そうな提案をしてみたという感じです。
書籍化はちょっと難しいんじゃ…と思っての提案ですんで、書籍化で
話進める場合はただのヨタ企画として流してください(笑)

16 :りょうしきくん:1999/11/22(月) 10:46
あ、nota_beneさん見っけ。

>「人が集まっている状態」だと私は考える。

賛成です。
ぁゃιぃとか下水道とか(笑)あめぞうとかの隆盛・衰退の繰り返しを見ると、参加者がその場を作っていることがよく分かります。
ひとつの切り口としては掲示板プログラムのデキとサーバーのトラフィックの秀逸さが「人を呼ぶ」という点で2chの特色を語れると思います。
ただやはり中心になるのは参加者に焦点をあてて「何故ここに来るのか」を浮き彫りにすることだと思います。

参考になるかどうかわかりませんが、以前あめぞう掲示板はひとつのスレッドにレスが10個までしかつきませんでした。
(11個目からは別のスレッドが作られてしまう)
このころは気軽に書き込める雰囲気ではなく、かなり洗練されたレスでないと罵倒の嵐を受けてしまうものでした。
今の2chやあめぞうのようにレスの幅は広く無いけど、無駄なレスが少ない分、濃かったと思います。
その後レスが無限に付けられるようになったことで希薄さが増しましたが、レスの幅や新たな遊び(「清原」みたいなものとか)も増え、参加者が激増することになりました。

つまり2chの今の成功はひろゆきさんの「人となり」というより環境整備の部分が大きな役割を果たしていること、
更に「2chがどんなところか」というのは様々な参加者の一人一人に焦点をあて、その行動をみていくことで2chという場を浮き彫り出していく、
という感じだと思います。
このネタが面白いとかの羅列だけでは一般人が読みたいものにはならないと思います。

ところでnota_beneさんお久しぶりで恐縮ですが、メールアドレスいただければ幸いです。


17 :りょうしきくん:1999/11/22(月) 10:54
>うさまんさん

ひろゆきさん発行の2chメルマガなら既にありますよ。

18 :りょうしきくん:1999/11/22(月) 15:12
あともう一つ大きな切り口として(これがメインかも)「ベンチャーとしてのひろゆきさん」自体が面白いかもしれません。

ついでですが、同人誌としてやるくらいならネット上でやった方が良いと思います。

19 :nota_bene:1999/11/22(月) 19:54
>りょうしきさん
お久しぶりです。
私もレスが10個の時は見ているだけでした。
だから全くその通りだと思います                                                   

2ch本を2chを知らない人にも読んで欲しいのなら
キーボードで打たれた文字だけではなく
PCの前に座る前、PCを切った後を含めた生活する人間を描く、
言わばケーススタディー的な視点が必要だと思う。
そういった個々の事例から掲示板というシステムに成り立つ
関係性を結果として帰納できれば、それはもう充分に出版の意味が
あるだろうし、下水道にだって読んでもらえるかもしれない。

でも。。。どうやら団扇ネタ本になりそうですね。。
だったらCDRで配れば?

#HNに@goo.ne.jpがアドレスです。

20 :本を出すなら:1999/11/23(火) 01:56
ここから練ろうよ

21 :むぎ茶:1999/11/23(火) 03:11
>20

ここってどこよ?

━━むぎ茶━━
mugicha@360.cc


22 :名無しさん:2001/04/03(火) 15:51
やれやれ

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)