5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

買い専にとっての同人誌即売会とは?

1 :サークル兼スタッフ:2000/04/24(月) 01:46
自分の同人誌を売るサークル。そのための場を作り守るスタッフ。
彼らにとっては同人誌即売会は、そこでなければならない、さまざまな
思いの交錯する特別な「場」であるでしょう。

しかし、単なる来訪者である買い専にとっての同人誌、そして同人誌
即売会、そしてそれに携わるサークルやスタッフとは何でしょうか。
…単なる巨大な本屋? 商売人たち? 業者?
…それともサークルやスタッフと同じように、一般流通市場では得られ
ない理念を求め、夢を抱いて参加しているのでしょうか?

買い専とそれ以外の参加者の意識のズレを徹底的に洗い出してみませんか?
もちろん、叩き、煽りはなしでお願いします。

2 :買い専:2000/04/24(月) 02:34
単なる本屋、とは思っていません。単に「漫画が読みたい」のであれば
商業誌の方が断然安いし高品質な漫画が読めます。ハズレも少ない。
それでも薄くて高い同人誌を買うのは何故なのかしら…と考えたところ。

私にだけ高品質!って本が読めるんですよね。
狭くてマニアックなつぼを押さえてくれたり、エロにしろパロディにしろ
商業誌じゃできないノリを一緒に盛り上がれるというか。
別に書き手さんと知り合いじゃなくても、自分と同じ趣味の人と
即売会という形で交流があるのも嬉しいし。

3 ::2000/04/24(月) 02:37
あ、別に商業誌なら無条件で同人誌より高品質だと思っているわけじゃありませんよ。
誤解しないでね。

4 :買い専じゃないけど:2000/04/24(月) 03:55
ほとんどのひとって、まず買い専(一般参加)から同人に足を踏み入れたはずですよね?
それから、サークルを立ち上げるまで、スタッフに志願するまでのことを思い出せば
おのずと答えが見えてくるのでは?
一般というのはいつでもサークル・スタッフ予備軍だと思うのですが。

ただ、最近の若いもんを見てると違うんだろうね・・・

5 :短絡的回答:2000/04/24(月) 04:06
同人誌専門店が増加傾向にあり、同人誌がもはや「ちょっとレアな
マンガ本」といった位置付けにしかなっていない。しかもそれは
同人誌即売会でサークルから直接購入せずとも、書店、通販会社
等で作家本人を介さずいくらでも「購入」が可能である。
そんな状態が日常と化している以上、買い専がお客様化するのは
当たり前と言えよう。

6 :>4:2000/04/24(月) 05:44
いや、でも、書き手は「いずれサークルで出るぞ!」って思って
最初は買い専で行くけれど、買い専の人の中にはマンガとか小説を
自分で書くなんて思いも寄らないって人もいますよ?
別に若くなくても(笑)
>一般というのはいつでもサークル・スタッフ予備軍だと思うのですが。
ってのは違うと思いますが。そういう人もいるけど、そうじゃない人
(同人誌を作るつもりはない人)の方が今は多いんじゃないですか?
私は単純にパロ本は商業誌では買えない(一部アンソロはありますが、
やっぱり量的に物足りないだろうし)からだと思ってました。

7 :1>4:2000/04/24(月) 09:44
このスレッドを立ちあげたのはその辺の意識の変化について
洗い出したいというのもあったんですよ。
私も同人歴長い方ですが、確かに昔は一般の同人作家に対する
憧れとかわりと当たり前にあったように思うんですが、最近は
違うんじゃないかと。
だからいろんな意見が集まるといいなと思います。

8 :名無しさん:2000/04/24(月) 18:44
いま「同人誌」として手に取れるものってさ、なんだかんだ言って
ぱっと見のレベル高くなってるじゃん。ヘタレを許容しない雰囲気っ
て言うかさ。プロがやってたりして。そういうのを見ると、敷居っ
てどんどん高くなってるんじゃねーの?

あと、小手とかマジ利益はどうでもいいような人間にとっては、
同人誌即売会よりもネットのほうが居心地いいってのもあるかも
知れない。在庫は重いし客は怖いしな(笑)

9 :私は:2000/04/24(月) 20:30
93年に同人界に足を踏み入れましたが、買い専時代はありません。
ネット(当時はパソ通)で勧められるままに小説書いて、本にして、即売会デビューです。
めちゃくちゃ敷居の低い世界だな〜と思いました(^^;。

10 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:04
小説はそうかも。パッと見も何も字だし。
漫画の場合は、もはやプロ/セミプロ以外の作品は無価値、
とまでは行かないにしても、枯れ木も山の賑やかし以上の
ものではないですな。スペースも友達とたま会うきっかけ
にはいいかもしれないけど、買い専には障害物に過ぎない。

11 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:31
私は80年代末期に一般参加者で、90年代に入ってからサークル参加。
一般参加時代にも絵は描いていたし、いつかはサークル参加するぞと思っていたなあ。
あの頃はヘボでもオフ100部ぐらいまでならなんとか売り切れたんだよね〜

12 :名無しさん:2000/04/24(月) 22:37
確かに技術的には敷居が高くなってるかも。反面、個人的には没個性で
つまらないんですが。
でも9さんのような意見があると、反面やっぱり同人界ってのはマス化
したんだなとも思う。周辺メディアの発達もあるんだろうけど。

今、買い専さんって作家のことをどう見てるんだろう。
私が一般だった頃は畏敬があったけど。「先生」と呼ぶのには抵抗あった
けど、どこか崇拝の対象ではあったような気がする。

13 :名無しさん:2000/04/24(月) 22:49
とりあえず、ヘボいサークルは邪魔なので、
2,3回参加して雰囲気を楽しんだら
参加を遠慮してもらいたいものである。

14 :>13:2000/04/24(月) 23:41
貴方がへぼいと思っても、他者がへぼいと思うとは限らない。


15 :>14:2000/04/25(火) 00:05
それでも共通項はある筈。
人は、きっとわかりあえるよ(藁

16 :一般酸化シャア:2000/04/25(火) 00:16
オレは一応自分でサークルもやりたいと思ってるので、そう
いう意味では「お手並み拝見」ってのもあるな。
今、自分がどれくらいの位置か測ってるよ。
今現在の感触だと、「絵はうまいヤツらが多いが、アイデア
的にはへぼいヤツが多いな」って感じかな(−w−)
コミケの理念ってヤツをもっと考えろよサークル参加者(笑)

とは言っても好きな作家さんもいるワケでそういう人とは買
う時のちょっとした会話やあとで感想送ったりするのも楽し
いね。もちろん買った本はちゃんと読むし、それに対してい
ろんなことを考えるね。
さらに、いかに本を買うかっていうゲーム的な部分も好きだ
し、いわゆる「先物買い」で自分の見る目を確認できるのも
面白い。
当然、イベント行けば友達もいっぱいいるしね。
趣味の合うヤツらといるのは楽しいよ。

17 :>6:2000/04/25(火) 07:10
>>一般というのはいつでもサークル・スタッフ予備軍だと思うのですが。
>ってのは違うと思いますが。そういう人もいるけど、そうじゃない人
>(同人誌を作るつもりはない人)の方が今は多いんじゃないですか?

と、言うことを最後の1行(最近の〜)で言いたかったわけですが説明不足。失礼。
もちろん『若い』は同人暦が若いということですよ(苦笑)
やっぱり、商業アンソロが増え始めた辺りから変わり始めたのだと僕は思ってます。
今のひとって2〜3年サイクルで同人辞めていったりしますからね。
そういうのを見ると、その人達にとっての同人とはその程度のものなのか。と悲しくなります。

18 :>15:2000/04/25(火) 07:29
受け手の感受性の問題でもあるから。
最近は没個性な絵を礼賛する人が大半のようにみえるのも事実だしね。

19 :>18:2000/04/25(火) 22:11
下手レとコセイは、自由と自分勝手ほどにも隔たってるとおもふ今日この頃。

20 :>17:2000/04/26(水) 01:28
>今のひとって2〜3年サイクルで同人辞めていったりしますからね。
>そういうのを見ると、その人達にとっての同人とはその程度のものなのか。と悲しくなります。

私は同人買い手暦2年ぐらいなんで、17さんやその他の意見を読んでいると
同人イベントは純粋に創作者(予備軍含む)たちの集まりだった時代があったのかなあ…などという夢をみてしまうのですが
実際はどうなんでしょう?


21 :>20:2000/04/26(水) 01:46
おそらくあったでしょう。そういう時代が。
私は80年代中期からなんで、ギリギリでそのリアルタイムにいなかったのですが、
当時はまだそういう空気は色濃く残ってましたよ。
業界とファンの距離が今より遥かに遠かった当時の感覚では、素人がプロのように
活動できる場としての同人誌即売会は一種の理想郷だったと思います。
自然とみんな同人創作者に憧れていたし、創作活動への理解があったように思います。
あらゆる参加者の意識が今よりずっと創作者に近いイベントだったと思います。
単なる市場でなかったのは確かです。

22 :>20:2000/04/26(水) 01:55
…というか、わたしはいまだに同人イベントは純粋に創作者(予備軍含む)たちの
集まりであるという前提を無意識に持ってしまっているので、20さんのような発言
を見ると「そっそうか今は違うんだっけ」と衝撃を受けてしまいます(^^;)
いや、頭ではわかっているつもりなんだけどつい忘れてしまって、何度も何度も
びっくりしてしまうのよ(笑)。


23 :キッチンくん:2000/04/26(水) 07:32
今って、「何かを創りたい」っていう人よりも「場に参加した
い」ってだけの人が多そうだよね。
あくまでも遊びの中のひとつ。
だから2、3年で止めれるんだと思う。

24 :レジン:2000/04/26(水) 09:45
即売会も色々ありましてね、そうさく畑とかコミティアの一部はまだそういう
雰囲気を残していると思いますよ。
コミケも創作系の人たちは結構まともだし。
金儲け主義のイベントもないわけじゃないですが


25 :>23:2000/04/26(水) 18:40
遊びの一つならそれはそれで十分かまわないと思う。
昔だって、最初はみんな「イベントってどんなものだろー」って思って
遊びに行くようなもんだったし。
で、そこで「うわー、おっもしれー」と思って遊んでいるうちにいつの
まにか作る方になってた…というのが自然な流れだったんだよな。
作って売る方が、ずっと面白そうに見えたんで。
(そこで、イベントスタッフの方に流れる奴も多かったが(笑))
今は、買う方がより面白い、ってだけのことかもしれんよ。

26 :キッチンくん :2000/04/27(木) 07:27
>25
いや、買い手ならいいんだけどさ描き手でもそういう人が
多い気がして…。
「ごっこ」から「ホンキ」になればいいんだけど。

27 :名無しさん:2000/04/27(木) 13:52
趣味に傾倒できるほど、「いまの」世の中甘くないっす。
不景気だし。

28 :21>22:2000/04/27(木) 15:26
同感。今は違うんですよね…。
自分はあの頃の空気に惹かれて同人やりはじめたので、今でもスタンスは
変わってません。世代的に自分あたりがその最後の世代かなとも思うのですが。
最初に同人誌即売会いったとき、「これって夢みたいな場所じゃん!」って
感動があったもんです。なぜ今も続けてるかといえば、今でも夢を見てるから
なんだろうなあ(笑)
でも、最近、メディアやなんかで知って入ってくる人には、単に巨大な
本屋みたいなものに見えるんだろうなと思うし、それに夢や理想のようなものを
感じ取って感動する方が難しいのでしょうね。

29 :買い手から見た場合の配置:2000/05/19(金) 14:34
小説サ−クルがまとまっていた方がいいですか?
それともマンガ系とまざっていた方がいいですか?
マンガ系の間に小説系がはさまれるとお客さんに素通りされる可能性が…と
思うと(自分自身にその傾向があるので)オンリーの配置に悩んでいます
う〜んどうしよう…

30 :名無しさん:2000/05/19(金) 17:36
ジャンルにもよるだろうけど、私は小説は全く読まないので
下手に小説サークルだけ固めると、そこへは近寄らないです。
私もオンリーやったことあるけど、そのときは混ぜました。

31 :30:2000/05/19(金) 17:38
ちょっと意味不明な文だ…
私は小説を読まないので、固められると近寄らない。
小説のニーズが弱いジャンルだと、私のような人が多いかもしれない。
という意味で、ジャンルにもよると思います。

32 :>29:2000/05/19(金) 23:42
私は固められたほうがわかりやすくていいかもしれない。
でも30さんみたいな人もいるので一概には言えないですね。
自分が配置するときは混ぜます。申込書だけでは判断できないこともあるので。

33 :29:2000/05/20(土) 17:46
特定のカップリングに限って小説サークルが多いんです。
そのカップリングの1/4が小説で他のカップルの比率よりずっと高くて
一応、小説系だけがっちりかためないで、心持ちかためてみました風にしてみたんですが。
小説系のサークルさんはスペースのレイアウトも地味めな方が多いので
配置がむずかしいです…


34 :名無しさん:2000/05/20(土) 20:26
小説系ってやっぱ漫画に比べると地味な本多いし、まんが系の中にいるとけっこう素通りされます。
また手にとってくれても中見た瞬間戻されちゃう。
小説同士で固めてくれた方が、小説本買うぞ!ってお客さんが来てくれるので、そっちの方がありがたいです。
ただ、ジャンルにもよると思いますが。
ちなみにうちは小説サークルの多い年寄りジャンルです・・・

35 :「買い専と即売会」に戻す。:2000/06/25(日) 00:25
私が買い専と呼ばれる(第4の勢力)を認識し始めたのは、
90年代初〜中期だったと記憶してます。
この頃は、いわゆる「同人バブル」←イヤな言い方だけど
と呼ばれる時代なのだけど、実は、買い専こそが、バブル期以降
の同人界の盛況(人によっては退廃。)の立役者たる勢力
だったのだと思うのです。そして買い専と時を同じくして
「売り専」(利益追及のみを目的とする、商業スタイルのサークルや、
転売屋、書店と言われる人々、団体。←乱暴なカテゴライズですが、)
という第5の勢力の台頭。今、現場で起こっている様々な軋轢は
旧来の勢力(理想主義)と第4、5勢力(経済主導)の間での、
または、(経済)を捨て切れない理想主義のイベント主催者のジレンマ
から来るものではないかと思った次第です。
理想を貫き、買い専、売り専を排除し「図書館」化するか、
経済主導で、「書店化」するか、そこが問題、むずかしいね。

36 :私にとっては:2000/06/25(日) 02:05
書店で売ってはいけないものを売っている場所…かなぁ。

>買い専、売り専を排除し「図書館」化
特にパロディは図書館化しなくてはいけないもの
という気がします。

37 :名無しさん:2000/06/25(日) 05:02
図書館化するとなると
まず、コミックマーケットはコミックライブラリーとでも改称しなきゃ…

…半分は茶化しだが、半分は本気だよ。

38 :名無しさん:2000/06/25(日) 16:33
わははっ<37
>(経済)を捨て切れない理想主義のイベント主催者のジレンマ
コミケなんかはその典型だとおもふ。(アピールと実情のズレを見ても。)
しかし、「買い専」=「経済」を無視しては今日のイベントは成立しないのは
明らか、(一部の創作系は除外として)
そこんトコを「買い専」側は良く分かっていて、「お客様化」が進む。
一方、既存の勢力側は、出来る事なら、「自分達のルール内で買い専の動員数や
経済力だけを利用したい」という事なんじゃないかと。

39 :最近:2000/08/08(火) 19:05
だんだんと同人誌を買ってサークルさんとコミニュケーションが取れればいい感じになってきた。

それなりの大きさのオンリー即売会で無理矢理よくわからないイベントは勘弁してほしい。

だって私たちは買うために参加しているのだから。


40 :>39:2000/08/08(火) 19:10
なんか微妙にちがうような気もするけどまぁいいや。

即売会はあくまでも,本やソフト等の頒布の場だ。

それを妨げるイベントが最近多いような。

41 :名無しさん:2000/08/14(月) 23:54
自分は買い専歴無しでサークル参加していますが、
時期をはずしたアニメのネタを欲しているとき、
欲しているネタを提供してくれるサークルにはがんばって欲しいから
買ったりするよ。ヘタレであってもね。
コミュニケーションという意味と、参加する意義です。

コミュニケーション無しで、数さばければいいという風潮が
蔓延すると、買い専のお客化が進む。カタログも真面目に
読んでいない人が大勢いるんではないでしょうか。

42 :>41:2000/08/15(火) 00:43
私も、一応自ジャンルの自カップリング本は
どんなへたれでも全部買ってます。
自分が「どんなものでもいいから」読みたいのもあるし
そのサークルさんにもがんばってもらいたいから…

でも、そうやって内部循環もどうだろう、って気が
しなくもないこの頃。ちょっとスレとずれましたが。

43 :名無しさん:2000/08/15(火) 13:44
先物買い。


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)