5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

手塚治虫について日本一だ!と思う奴

1 :タカコ命:1999/10/06(水) 19:51
 いつでもかかってこい!受けてたってやる!

2 :ノコガマ:1999/10/07(木) 02:05
マンガの業界に与えた影響は日本一!
毎週一回30分のアニメを制作した!

偉大な先駆者なのだから作品に対する批判はほどほどに・・・・

3 :ぴのこ:1999/10/07(木) 02:24
せんせいのこと わるくいったら、ぴのこがゆるさな〜い。
でも、タカコ命さんに、うけてたたれるのは、こわいれす・・・。

4 :何が日本一かって:1999/10/07(木) 02:42
代表作の数、及びそれも含めて描いた作品の量。
作品の質が日本一かって評価は受け取る個人の問題だからなんとも言えんねえ。

ちなみにTVアニメに関しては悪影響の方が多いかと。

5 :開祖的な意味合い:1999/10/07(木) 03:09
まぁ後世の人達が先駆者を追い抜くのは当然の成り行きなわけで
今の漫画家達の殆どが多かれ少なかれ手塚先生の漫画を読んでいるという
点を考えれば、その影響力なんかは凄まじい威力があると思います。
個人的には最後の最後まで自分でペンを握り作品に向かっていた姿勢には
感動しました。
どっかの萬画家とはエラいちがいですな

6 :>5:1999/10/07(木) 11:31
そのどっかの萬画家は可哀想な人なのだから批判はほどほどに・・・・


7 :タカコ命:1999/10/07(木) 12:16
 俺の書き方が悪かった(;;)ごめん

俺はテレビチャンピオンみたいに、無駄な知識の戦いがしたかったんだ。
俺は恐らく、日本で39番目に手塚治虫について詳しい!

 挑戦してください、よろピく!m(_ _)m

8 :>5:1999/10/07(木) 18:38
ウワシンでは色々書いてあったけどね、
だからといって人に作品書かせて大物ヅラしていて良いわけない

9 :手塚治虫は:1999/10/07(木) 22:19
作品の量ももちろん、漫画に対する情熱がすごいですよね。
最期まで漫画を描きたいという情熱が衰えなくて
おかげで晩年、未完に終わった作品がいくつかあって、とても残念です。
(未完に終わった作品が1つじゃないこともすごいと思う
晩年まで複数の連載を持って漫画を描き続けていたのですもんね)

何年か前BJが文庫になった時、本屋でバイトをしていたのですが
文庫BJが、注文を重ねても、どんどん売れて品切れになり
文庫の売り上げ1位から12位が全てBJになった時は驚きでした。
手塚を知らなかった人が「面白い」と言っていたのを見て
すごく嬉しかった思い出があります。

10 :名無しさん:1999/10/08(金) 00:56
手塚、あんまり日本一だとは思えない。短編は、いいのが沢山あるけど、長編は
救いがないから。

短編でいいのは、「ザ・クレータ」とか「ライオンブックス」とか。特に、「安達ヶ原」や
「墜落」(だったかな?)は泣ける。

長編では、「ブッダ」は駄作だと思う。というのは、前半と後半では、まったく
時間の流れ方が違うから。前半は丁寧に描いてあるけど、後半は寸詰まりって感じ。

11 :駄作集(思いついた順):1999/10/08(金) 01:03

 「プライムローズ」
 「ドンドラキュラ」
 「三つ目が通る」
 「陽だまりの樹」
 「火の鳥」の大部分(一部は傑作。タイトル忘れた)
 「ブッダ」
 「ネオファウスト」
 「アドルフに告ぐ」

12 :胸を張って言うぞ:1999/10/08(金) 02:28
「ブッキラによろしく」が好きだ!
世間の評価がどうであろうと、トロ子とロックのやり取りが、
いかにもB級人間同士のしようもない感じで、
そこがなんかやるせなくて好きだ!

13 :ありゃ:1999/10/08(金) 02:35
11さんが書いてる作品、好きなの多いや。
三つ目が通るとかって今読んだらたるいけど、昔読んだ時には
あの性格の悪い俺様系の主人公が新鮮でさ。
火の鳥は大部分が好きだしブッダも結構好き。
アドルフに告ぐは泣いた。もしかして11さんは暗い話や
アンハッピーな話が嫌いなのかな?いや、すきっとしない
話が多いからさ。

14 :秋田書店:1999/10/08(金) 02:46
ブラックジャックって恐怖コミックです。エコエコアザ
ラクと同じ分野です。

15 :アドルフに告ぐ:1999/10/08(金) 02:47
昔は難しくて良く分からなかったけど
少し前に読んだらメチャハマった…深いぞこれ!
個人的にはオススメです!

16 :>11:1999/10/08(金) 02:53
えーー、「三つ目」も「アドルフ」も駄作?
この二つはすっごく好きだけどなあ。
「火の鳥」もトータルでかなりいいと思うけどなあ。
ブッダは、確かに通して読むと、破綻してるんだよねー。
伏線がどっかにいっちゃったり。

17 :信奉者が痛い:1999/10/08(金) 03:55
俺の回りでは、痛い手塚信奉者ばっかりだ。
別に手塚嫌いじゃないけど、嫌いになりたくなるときがあるよ。

18 :えーとね:1999/10/08(金) 06:03
チョコレート消費量も漫画界で一、二を争っていました。

19 :巨人の星:1999/10/08(金) 10:41
有名な話しだが、ある夜アシスタントを全員集め「巨人の星」を
回し読みさせてから「僕にはどうしても、この作品の面白さが分
からない。君たち教えてくれ」と泣きじゃくったそうな。僕が手
塚エピソードでもっとも好きなものです。これって手塚のアタマの
いかれ具合がよく分かる話しじゃない?



20 :>19:1999/10/08(金) 11:34
その時点で売れているものを全く理解できず、
自分の目指すものと読者の好みとの断絶に
作家としての恐怖を感じたのではないでしょうか。
私は手塚信者じゃないけど気持ちはわかるよ。
これを「頭がいかれている」ってのは言い過ぎでは?
描く事に対してものすごく真摯な人だったんだなと思います。

21 :手塚作品は:1999/10/08(金) 13:24
すっごく好き。
手塚本人も、19にあるような伝説とか含めて好き。
だけど、ムキになって宮崎駿を批判する手塚信者は
大キライ。

22 :>8:1999/10/08(金) 13:34
ウワシンって?

23 :陽だまりの樹:1999/10/08(金) 13:47
うちの父(50歳)が好きなんですよ。私はまだよさが
わからないんだけど、父位の年齢の人には結構感動するものが
あるらしい。司馬遼太郎とか吉川英治や黒澤明の「赤ひげ」
なんかと同列みたいですよ。


24 :名無しさん:1999/10/08(金) 14:41
フジコフジオ(F)の
「うちの石炭紀」は「鳥人大系」の続編じゃないかなぁ

25 :タカコ命:1999/10/08(金) 14:53
 いい感じになってきたね。
もっとみんなの知識を教えてほしい。

26 :ミッドナイト:1999/10/08(金) 15:09
ブラックジャックの流れを汲んでて面白いよね。
それと、気になるのはブラックジャックで単行本に載らなかった話。
1さん、どんな話だったか教えて!

27 :>26:1999/10/08(金) 19:22
たぶん「ヌ」の話だと思う。探せば、すぐに読める作品なり。

28 :かけ餅:1999/10/08(金) 19:34
>26
昔は載ってたけど、今は差しかえられている話とか
いっぱいあるみたいですね。ファン泣かせだ・・・。
http://www.bekkoame.ne.jp/~takeboh/bj3.html
に詳しく紹介されてますよ。
タカコ命さんでなくてすみません・・・。

29 :上を下へのジレッタ:1999/10/08(金) 19:40
は好きだなあ。

頭が悪いが超能力者のジレッタの教祖と狡猾なプロデューサーの物語。
「人間ども集まれ!」に比べると人気は出なかったようだが。


30 :ウワシン:1999/10/08(金) 20:07
噂の真相のことです

31 :タカコ命:1999/10/08(金) 20:25
ブラックジャックの単行本未収録作品。(含む、内容変更作品)

1.NO、28 「指」  NO、227「刻印」へ改作。
1974.6.24.少年チャンピオン。
扉表紙、P.107.本文、P.108〜126.藍一色。計、20.P.
※当初、ロックは多指症で指が6本あるという設定だったが、単行本ではその部分は
書き換えられている。

2.NO、41「植物人間」
1974.9.23.少年チャンピオン。
秋田CCの初版から、僕は現在「15版」まで収録を確認しています。
扉表紙、P.55.本文、P.56〜73.墨一色。計、19.P.

3.NO、58「快楽の座」
1975.1.20.少年チャンピオン。
扉表紙、P.4.5.(カラー)P.6.7.8.(カラー)
本文、P.11〜26.(二色刷り)計、21.P.
※脳手術に関する作品なので、倫理的な問題があったと思われる。

4.NO、144「金! 金! 金!」
1976.10.25.少年チャンピオン。
扉表紙、P.27.本文、P.28〜50.墨一色。計、24.P.
※特に倫理的な問題はないので、手塚先生が気に入らなかった
作品ではないかと推測している。

5.NO、153「ある監督の記録」 単行本時、改作.
改題は、「フィルムは二つあった」
1977.1.1.少年チャンピオン。
扉表紙、P.43.本文、P.44〜64.墨一色。計、22.P.

6.NO、158「不死鳥」
1977.2.7.少年チャンピオン。
扉表紙、P.71.本文、P.72〜90.墨一色。計、20.P.
※火の鳥が登場する、特に倫理的な問題は無いので。手塚先生が
気に入らなかったのではないかと推測している。

7.NO、165「おとずれた思い出」
1977.3.28.少年チャンピオン。
扉表紙、P.91.本文、P.92〜110.墨一色。計、20.P.
※ピノコのお姉さんが素顔をさらして登場している。
「門跡」という表現が問題だったのでは?と推測される。

8.NO、171「壁」
1977.5.9.少年チャンピオン。
扉表紙、P.75.本文、P.76〜96.墨一色。計、22.P.

9.NO、209「落下物」 これは、208「ブラックジャック病」の次編。
1978.4.3.少年チャンピオン。
扉表紙、P.67.本文、P.68〜89.墨一色。計、23.P.
※「ブラックジャック病」の原因が原子炉衛星の落下による
放射能障害であるというエピソード。原子力関係なので省かれた
と推測される。


10.NO、67「緑柱石」 その1.その2.と二回にわけて連載。
単行本時、改作.改題「ふたりのピノコ」
その1.扉表紙、P.107.本文、P.108〜124.藍一色。計、18.P.
その2.扉表紙、P.89.本文、P.90〜106.藍一色。計、18.P.


32 :名無しさん:1999/10/08(金) 20:38
↑くわしいなあ。M裏Mふみさん?

結構、単行本に掲載しなくなった作品って多いよな。
「ヌ」の話は、公害企業と精神薄弱を扱っていたからだろうね。
楳図かずおの「イアラ」も、今の単行本、「ずみょう氏」の3部作が載ってないし。

おそらく誰も知らないと思うけど、日野日出志の「狂人時代」の後半、どこに行っちゃったか
知っている人いる?たしかに「恐怖列車」の後ろに「狂人時代」は掲載されているけど、
今の単行本だと半分足りないような気がするんだよね。あのあと、砂金混じりの小便を
したり、糞まみれの札束が出たりするんだけど、カットされているようだ。
くだらないんだけど、あまりにも衝撃的な物語だったんで、古本屋に行くたびに
彼の単行本全部チェックしているんだけど、見つからないんだよな。
もし知っている人いたら、絶対、ここにカキコして欲しい!

33 :>28:1999/10/08(金) 21:13
32だよ。
いいHPを紹介してくれてありがとう。しかし、腹が立つ。
単行本を持っていないので,タイトルを見て思い出しているが、
いい作品に限って、リストに入ってる。なんとかならないものか?

34 :名無しさん:1999/10/08(金) 21:18
奇形関係は、載らなくなるという、おおよその法則があるようだ。

35 :ぜんぜん関係無いけど、このスレッド読んで、つい思い出したので(^^;:1999/10/08(金) 21:25
http://home7.highway.ne.jp/ika/hitokoto/19990224/333.html

36 :タカコ命:1999/10/08(金) 21:58
>M裏Mふみさん?

だれ?

37 :タカコ命:1999/10/08(金) 22:02
>奇形関係は、載らなくなるという、おおよその法則があるようだ。

そうでもないですよ、ピノコ誕生なんてモロ奇形の話だし。
「シャムの双生児」の話もカットされていないし。
みつくちの女の子とかもあるし、ゾロアスター教のエピソードとかもね。

だからやっぱり具体的にクレームがつきやすい、脳手術関係とか
原子力関係の方が、未収録になる傾向が高いと思います。

38 :ブラックジャックで好きな話は?:1999/10/09(土) 07:00
新しい話題出していい?それとも専用スレッド立てた方がいいかな?

僕が好きなのは、ギャングのボスと息子の話。
ボスが自分のしきる土地にBJを呼んで診察させるんだけど、
その際にボスの(不出来な)息子がBJに強盗まがいの事をする訳。
途中いろいろあるんだけど、最後は数年後にボスが息子の不始末を
知って息子を縛り上げてBJの家に訪れ、
「俺が今この手で息子を殺すから許してくれ」とか仁義立てするの。
でBJは「いいよ」とか言うんだけど、その時にボスがブワッと
泣くのよ。笑いながら。
そのコマがすごくグッと来るな。

39 :ブラックジャック:1999/10/09(土) 12:07
心臓病の社長に高額の診療費ふっかけるという話で
手塚が患者団体に謝罪したらしいです。

でもなぁ、医者の話であの設定ならばそういう話は
避けて通れんからなぁ。むつかしーなぁ。
ファンとしては全部読みたいのだけれども。

作者が気に入らんから未収録というのは、どうなんだろ。
天の邪鬼な私としてはますます読みたくなっちゃいますが。

40 :BJ:1999/10/09(土) 12:38
「水頭症」が好きです。
あの男の子が、悟っているようでありながら、本当は心から生きたいと
思っているところとか、結局BJより一枚上手なところとか。

41 :今、手元に:1999/10/09(土) 17:51
本がないんだけど、ピノコが間違って青酸カリのカプセルを
飲んじゃう話。
あのブラックジャックの焦りっぷりがよかったです。
クールなふりをしても、ピノコのことを本当にかわいがってるんだねって
感じで。

42 :「おばあちゃん」:1999/10/09(土) 22:19
ラストの「それがききたかった」に、ダーッと涙が。
BJはいい話多すぎて困るですよ。

BJ以外では「ライオンブックス」「タイガーブックス」
「空気の底」「ザ・クレーター」「SFミックス」などの
短編集に入ってるものが好きです。
なにを良作、駄作と呼ぶかは、もう好みの問題では。
ファンが読めば、相当な駄作でもそれなりにみる部分のあるものです。
「三つ目がとおる」とか、ときどきヤケクソになってないか、と思う所もあるけど、
キャラがたってるから、写楽と和登さんだけでもうOK(笑)

手塚マンガは手塚さんの功績を評価するのとは別に、普通に読めばいいんじゃないかと。
それで面白くない人も、好みじゃない人もいるだろうけど、
それでいいのでは。
ただのマンガとしてみても、手塚マンガにハマる人はこれからもいると思います。

43 :初心者な:1999/10/10(日) 11:12
質問してもいい?
ブラックジャックはものすごい大金を貯めてるはずなんですが、
そのお金に関するエピソードってありますか?
ありがちだけど、どっかに寄付しているとか。

44 :タカコ命:1999/10/10(日) 11:14
 >43
島とか買って、自然保護してるそうです。

45 :43:1999/10/10(日) 12:27
タカコ命さん、ありがとう。
島ですか。そういえば、なんとなく記憶にあるような。

46 :税金対策とか:1999/10/10(日) 13:20
大変そう(笑)



47 :名無しさん:1999/10/10(日) 15:58
>46
きちんと所得申告してないでしょー。
違法診療だもん(笑)

48 :>43:1999/10/10(日) 16:03
あと、母親を死なせた事故の責任者に復讐を果たすために
お金をためてたらしいです・・・。
「不発弾」参照。

49 :式神:1999/10/10(日) 16:04
ざっと見てきましたが手塚治虫を悪く言ってる人はいませんでしたね。2CH
で批判が無いというのはすごいと思います。

50 :10.11:1999/10/10(日) 16:24
割と確実なスジから聞いた話なのですが、火の鳥現代編はBJに
つながる予定だったのだそうな。永遠に罪を償う宿命を背負った
我王は最終的に本間先生に生まれ変わり、生命を拾い上げ続ける
男BJを育て上げて、救われる。
噂ではシノプシスに近いものも存在しているのだとか。文字だけ
でいいので公表して欲しいものです。


51 :>49:1999/10/10(日) 16:51
「最近、手塚治虫を読みなおしてみたら」スレッドでは、
批判も出てましたよ。(すでに見てたらごめんなさい)
でも、トータルな評価はやっぱり高いですね。

52 :>50:1999/10/10(日) 18:00
それはちょっと嫌かも。何でもかんでも作品を繋げないでほしいです。


53 :>50:1999/10/10(日) 18:53
私は「アトム」に繋がる予定だったと聞いた・・結局ポシャったみたいですが。
で、お茶の水が猿田・・・。

54 :タカコ命:1999/10/10(日) 19:11
 それは「火の鳥 大地編」ではないでしょうか?
アトムにつながるというあらすじは、ある程度まわりにも
伝わっていたようです。

55 :式神:1999/10/10(日) 20:07
>51
今見てきました。批判してる人達も結局の所、手塚治虫の功績は認めざるを得ない
というような感じでしたね。

56 :マンガさん:1999/10/10(日) 21:27
>55 式神
・個々に見ていけば問題の多い人だったけど、全否定は不可能だろうね。
 実際、偉人ほど問題も批判も多くて当然。

 あ、薄給に苦しむアニメーターなら、私怨批判が可って気もするかな。
 でも、手塚治虫が居なかったら、彼らがアニメーターになりたいと思い、なれていたかも分かんないけどね。



57 :間違いみっけ:1999/10/10(日) 21:36
http://www.villagecenter.co.jp/soft/tezuka_prof.html

誤:1947(昭和22)年: 坂井七馬原作の長編マンガ「新宝島」刊行。版を重ね40万部を売りつくす。

正:1947(昭和22)年: 酒井七馬原作の長編マンガ「新宝島」刊行。版を重ね40万部を売りつくす。

人名は誤りがちだけどね、こんな基本を間違えるとは甘い。
ちなみにこのときの手塚治虫の原稿料は3000円。カルトQでも出題されていたな。

58 :>57:1999/10/11(月) 12:50
だれ?

59 :>57:1999/10/11(月) 15:01
まあまあ、間違いを見つけたならメールででも教えてあげたら
どうでしょう。これの場合は単なる変換間違いかもしれないしね。
デビュー作は「まあちゃんの日記」だから、手塚さんが最初に出した単行本、であってますか?
ちがったら訂正してね。
3000円って今の貨幣価値でどれくらいなんだろ?

60 :59:1999/10/11(月) 15:05
あ、間違い。
「マアちゃんの日記帳」でした。
毎日小学生新聞、昭和21年の四コマ漫画。

61 :かけ餅:1999/10/11(月) 16:21
MLよりの転載です。↓

ブラック・ジャックファン待望の限定BOXセットが限定発売されるようだ。
目玉は、コミックスに未収録の『不死鳥』『落下物』の漫画を収録!!
他に、扉絵や原稿の複製。ピノコのフィギュア、オリジナルビデオ、ポスター、
携帯ストラップなどマニア心をかきたてる?商品で構成されているようで
予約は11月より商品は来年3月〜4月を予定している。

フィギュアはともかく、未収録作品にひかれます・・・・。

62 :トオルくん:1999/10/11(月) 21:09
 >60
正確には「毎日少国民新聞」ね。
昭和21年の1月1日号から。

手塚先生の地元の宝塚駅では売っていなくて、大阪まで買いに
出かけたそうだ。

63 :>59:1999/10/11(月) 23:40
少なく見ても3万円以上です

64 :>63:1999/10/12(火) 00:35
3万・・・そんだけ?
あれって当時としては凄いベストセラーだったんでしょ?
一月分の生活費にもならんがな。ひでぇ。

65 :>61:1999/10/12(火) 01:23
詳しいこと載せているホームページや雑誌など、
なにかありましたら、教えてください。
興味深いです。

66 :>61:1999/10/12(火) 01:28
詳しいこと載せているホームページや雑誌など、
なにかありましたら、教えてください。
興味深いです。

67 :んー:1999/10/12(火) 09:39
>65
やっぱ本屋さんに聞けば?
この手の限定ものってそんなに慌てなくても手に入るよね。

68 :私は支持します。:1999/10/12(火) 16:08
テレビでジャングル大帝のことをインタビューしていて、
「あれは大自然をテーマにしたんですか?」
の質問に対し、
「大自然なんかテーマにてません。バカバカしい。」
ちょっと怒ってました。
"バカバカしい" と正直なコメントに好感を感じてます。

69 :>68:1999/10/12(火) 18:01
 それって手塚先生?

70 :こんなこともいってた:1999/10/12(火) 18:49
68さんと同じような話しですが、
「僕は自然保護も愛も勇気も人間賛歌も、ほとんど意識して書い
たことがない。ホントにみんな解ってないんだ。僕が書きたいの
は、ただひたすらにロマンです。ロマンだけです!」


71 :かけ餅:1999/10/12(火) 18:51
>65
手塚治虫のメーリングリストからの転載ですので
詳しいHPがあるかどうかはわからないのですが・・・。
でも手に入れづらいことはないような気はします。
メーリングリストは「まぐまぐ」から申し込めますので
宜しかったら検索してみてください。

72 :あげ職人:1999/10/13(水) 18:59


            /  \
           /     \
          /        \
         /           \
        /              \
       /                 \
      /                    \        あ
     λ                      \     げ
    / \                      \● ♪
    ■■■                       ▲
    ■■■                       /|
     : :                     | ̄ ̄ ̄
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

73 :じみん:1999/10/14(木) 00:02
「どついたれ」のつづきがよみたかったなあ。あと「ガラスの城の記録」

74 :かなり遅いレスですが:1999/10/14(木) 00:33
 31さんがあげているような単行本未掲載作品は、現代マンガ図書館で
読むことができると思います。
http://www.st.rim.or.jp/~hikaru-i/naiki/
私は東京からかなり離れていて利用できませんので、読む機会がある方、
是非とも内容の紹介をお願いします。


75 :>10:1999/10/17(日) 02:43
>10 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/10/08(金) 00:56
>手塚、あんまり日本一だとは思えない。短編は、いいのが沢山あるけど、長編は
>救いがないから。

マイナ〜な作品だけど、「MU」って面白いよ。
手塚さんってこういう悪役を主人公にした漫画も描けるんだ
と驚いた記憶がある。

76 :ノティムポ:1999/10/17(日) 03:40
>75
「MU」って「MW」じゃないの?

77 :あふん:1999/10/17(日) 05:19
長年の疑問を…
どーしてもわからないんですがピノコの
「しーうのあらまんちゅ」って
どういう意味っすか…?
(実は誰もが知ってるような事だったりして…)
でもマジでわからないんですYO!

78 :>76:1999/10/17(日) 10:33
>「MU」って「MW」じゃないの?

そうでした。ごめんなさい。

79 :あげ職人:1999/10/17(日) 15:17


            /  \
           /     \
          /        \
         /           \
        /              \
       /                 \
      /                    \        あ
     λ                      \     げ
    / \                      \● ♪
    ■■■                       ▲
    ■■■                       /|
     : :                     | ̄ ̄ ̄
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

80 :MW:1999/10/17(日) 16:37
はそんなマイナ−じゃないでしょ。

81 :アギャキャーマン:1999/10/18(月) 10:25
 大御所だからって批判は控えるべきだとは思わないが、天才であり
努力家であり、そして偉人であることは動かしがたい事実だと思い
ます。

 中には、シュマリみたいに途中でテーマが破綻してしまうケースも
ありますが、どの作品も、手塚治虫と言う人間が得た蓄積が如何無く
盛りこまれ、そのため、他に例を見ないほど厚みのあるものになって
います。気分と思いつきだけで描き散らかしている現代漫画家には
見習って欲しいところです。私の一押しは「陽だまりの樹」です。


82 :カバディ:2000/01/17(月) 02:29
ブラックジャックで単行本に載らなかった「ヌ」の話って何?
「ヌ」ってなんかの略?

83 :ノティ無ポ:2000/01/17(月) 03:51
懐かしいスレッドをあげてきたなぁ。
俺は「きりひと讃歌」が最高に好きだなぁ。

84 :名無しさん:2000/01/17(月) 18:46
子供のころに読んだ「どろろ」はおもしろかったなあ。でもあれって未完?

85 :かけ餅:2000/01/17(月) 19:33
>82
公害病で知的障害を負った少女の話です。
言葉がろくに話せず、何かを尋ねても
「ヌ?」と答えるばかりだったからだと思うのですが…。

>84
未完ではないです。
でも結局、百鬼丸の体は完全にならないまま
話は一応終わります。

86 :名無しさん:2000/01/19(水) 03:04
俺の爺ちゃんは手塚先生と大学の同期

87 :名無しさん:2000/01/19(水) 03:45
よくあれだけの漫画を書きながら、博士号とる余裕あったな...
若いころだから、エネルギー有り余ってたんだな。

88 :名無しさん:2000/02/18(金) 03:31



            /  \
           /     \
          /        \
         /           \
        /              \
       /                 \
      /                    \        あ
     λ                      \     げ
    / \                      \● ♪
    ■■■                       ▲
    ■■■                       /|
     : :                     | ̄ ̄ ̄
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

89 :名無しさん:2000/02/19(土) 04:10
火の鳥はどうも理解できませんでした。
アドルフに告ぐって是非映像化して欲しいなー

ところで新規にブラックジャックスレッド立ち上げても良いですか?

90 :>89:2000/02/19(土) 04:19
過去ログメニューにいくつかあるんで好きなのをあげなさい。

91 :火の鳥:2000/02/19(土) 04:44
http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/view/budda.htm

92 :名無しさん:2000/02/19(土) 21:07
七色いんこの後半の破綻ぶりが。
いんこのめんたま描くようになってから変になった。
ところで「日本の国土っ!」ってどういう意味?

93 :お面屋:2000/02/19(土) 22:42
「ヌ」の話、チャンピオンコミックスに入ってますわよ!

第29話 「しずむ女」(ブラックシャック4巻)

「その子を殺すな!」と並んで、とても好きな話ですわ。
初期のBJって、当時の世相が生々しくってすごいのよね。
ちなみに私が持ってるのは、105 版ですの。
水俣病が和解したあたりから、もういいだろうって事で
掲載されるようになったのかしら?

94 :名無しさん:2000/02/23(水) 05:06
なんか急に手塚治虫が読みたくなってきました。
そーだよなー。BJって週間連載だったんだよなー。
いまあんなことできる漫画家っているかなー
比べるのが正しいかどうかはわからんが、浦沢直樹(マスターキートン)
ですら、中だるみ、失速を経て18巻でたたまざるをえなかったんだよなー
そう考えるとやっぱりすげえよな。

95 :名無しさん:2000/02/23(水) 15:43
もいっちょいく?


96 :>92:2000/03/01(水) 00:28
「日本の国土っ!」
私も気になってました。ひょっとして、連載の頃そういうギャグでも
はやってたのかな?
しかし、「終幕」ってすごく強引なんですけど。
とってつけたような展開だったな。

97 :名無しさん:2000/03/01(水) 08:07
実は世代的に手塚作品はあまり読んで無いんです。
BJとアドルフに告ぐと火の鳥くらい。お勧めの作品教えてください。

98 :名無しさん:2000/03/01(水) 10:29
「三つ目がとおる」はどうでしょう。
写楽と和登サンは、手塚作品の中でも屈指の名キャラクターだと思う。
単行本収録の時に順番をいれかえたり削ったりしてるから
知らない人がいきなり登場したりするけど、それさえ気にしなければ。

99 :名無しさん:2000/03/01(水) 19:47
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/4685/tyoubun/hinotori.html

100 :名無しさん:2000/03/01(水) 20:13
>屈指の名キャラクター
 を一瞬、屈折したキャラクターと読んでしまった。
 コンタクト、作り直した方がよさそうだ。


101 :BJって:2000/03/01(水) 20:41
コミックス未収録の話もよく聞くけど、
少年チャンピオンコミックスの時と、全集や文庫に収録されたバージョンとで
コマがさしかえられてたりするのも多いね。

最近、全集のBJで「白いライオン」の回を見たら、
数コマ全然違う絵と台詞に変えられていて、びっくりした。

102 :>97:2000/03/01(水) 20:46
BJとアドルフと、
特に火の鳥をもしも読破してらっしゃるなら、
「あまり読んでない」は不正確な気がしますが…。
とりあえず一本おすすめします。「W3」

103 :名無しさん:2000/03/01(水) 21:24
あんまり知らないけど
「悪右衛門」っていうのが何度読んでも泣けた。
あれ読むと何を思っても結局手塚先生はすごい人だったんだと思う。
「?」って作品も多いけどそれと同じ分だけすごい作品がある。

昔は宮崎駿が好きで「出発点」を読んだんだけどそこに手塚治虫のことが書いてあって
「手塚治虫は人を物語の中で死なせることで感動を得ようとしていると気付いて手塚を自分の中で超えることができた」
みたいなことを言ってたけど
「確かに」と思う面もあった。
でも「悪右衛門」読むとやっぱそれだけではくくれないと感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔衛星でやってた「ワンサくん」は絵柄がすごく可愛かった・・・。

104 :名無しさん:2000/03/02(木) 22:56
揚げ


105 :名無しさん:2000/03/03(金) 02:34
ばるぼらってどないだい?

106 :>101:2000/03/03(金) 11:55
おかげで冒頭の料理シーンでのシラコが、
伏線としての役を充分に果たさなくなってるよね。


107 :久々あげ:2000/04/10(月) 23:43
リボンの騎士の漫画最近はじめて買って読んだんだけど
アニメとチョット違うよね。まだ1巻だけだけど。
アニメの方が好きかな〜。でもこの原作って40年以上前の作品で
ピックリ!自分の親が子供の頃だものな〜
古さ感じないね〜勿論今風じゃないけど。鮮度が衰えない。


108 :きのこ:2000/04/13(木) 02:11
BJスレッドにちょっとあったけど『七色いんこ』って言えば
”ホンネ”ってキャラ(?)出て来るじゃないですか「キザ!」ってツッコミいれて
インコの邪魔する。あれが登場した回は不条理漫画っぽくてクラクラしました(^_^;)
あれって分裂症的キャラだけど、手塚先生にもツッコミ入れてるんですよね。
「偉そうなテーマ描いてるけどお前さんはどうなんだ?!」って感じで。
インコやBJが金持ちなのにがめついキャラなのは、その辺に対する
抵抗というか・・・

109 :>七色インコ:2000/04/13(木) 06:45
千里刑事好き。キュートで可愛いよね。

110 :>108:2000/04/13(木) 07:15
ホンネ、いたね。安部公房の回だっけ。
あのキャラクターのオリジナルデザインは、手塚先生の妹さんなんだよね。


111 :>105:2000/04/13(木) 09:18
「ばるぼら」、ストーリーとか破綻してたけど、あのキャラクターが
よかったなぁ。ミューズって、実際あんなんだったりして。
手塚治虫の描く妖しい女は、かなりクるものがある。健全な作家と
勘違いしている人も多いけど、「MW」とか倒錯はいってて、いいよ。

ほかに「奇子」とか、どうかな?

112 :三つ目がとおる:2000/04/13(木) 21:34
主人公の人格が変わる漫画って、この漫画が最初なのかな?
とりあえず、真似している漫画が多い(^^;

113 :辺境:2000/04/13(木) 22:55
素朴な疑問
1.「七色いんこ」って連載中と違う順番の上に全てのエピソードがコミックスに収録されてないと思ったけど、何故?
2.火の鳥って「未来と過去のエピソードが最終話で現在に時代が重なって・・・」と聞いたのですが、どうなる予定だったの?
3.国民栄誉賞は何故「手塚」でなくて「長谷川」なの?


114 :辺境:2000/04/13(木) 22:58
「しゃがら」は「どろろ」のオマージュというよりパクリと思うが
皆さんどう思います?ちなみに「しゃがら」はストーリーの辻褄が
合わなくなって、作者自らが打ちきりにした超駄作。
実は好きだっただけに、残念。
あのラストは「ドラゴンヘッド」に勝ります

115 :>112:2000/04/13(木) 23:36
夏目房之介が元ネタ探しやってて、和登さんの原型は
サファイアだと思うが写楽の原型はわからないって
書いてたっけ…
あの悪魔的な性格は、あんがいデビルマンあたりの影響を受けてるのでは、と
思った。この頃の手塚治虫は、永井豪をけっこう意識してるし。
もちろん、「三つ目」のキャラクターは手塚ならではの独自の
パターンを築いたと思うけど。

116 :きのこ:2000/04/14(金) 03:16
昨日テレ朝で放送してた手塚治虫短編ドラマ見そこなっちゃった。
どんな出来ですか?
基本的に先生亡き現在、アニメにしろドラマにしろ映像化はどうかな〜
と思うんだけど。「陽だまりの樹」は原作読んでないんだけど良い出来だった。
最近手塚治虫先生ブームなの?
かく言う自分も最近文庫を中心に買ってるけど(^o^)

117 :>113:2000/04/15(土) 06:07
そうなの?BJはなんか意味なくばらばらに並べられているようで
一部読みにくかったけど・・・いんこは順番通りのような。

「七色いんこ」って当時手塚先生、精神的に不安定な時期だったんだろうか?
新しいこころみを試したとも取れるんだけど、、、
”ホンネ”が出てきて話、壊し(?)ちゃったり、本人が出て来たり(笑)
リアルタイムで読んでなかったからわからないんですよねー。

118 :>116:2000/04/15(土) 06:24
自分は観てないけど、原作を読んでない知り合いは良かったっていってた。
原典にあたってほしいが、見つけるの難しいかも。貸そうかな。

「七色いんこ」は
「ハムレット」と「青い鳥」と「終幕」だけでストーリーはつながるから、
途中はすっとばしていいのかも。いい話も多くて好きなんだけどね。
「ピーターパン」とか「俺たちは天使じゃない」とか。

119 :名無しさん:2000/04/15(土) 11:39
七色いんこって、天才&アウトローの主人公だけど、
BJの二番煎じにはしたくない……ってことで、
いろいろ四苦八苦してる感じがにじみでてると思う。
ちょうどアニメブームとか、少年誌のラブコメブームとかが
出てきて漫画界全体が変わっていく中で、「古いと言われたくない」
「新しい読者を獲得したい」と試行錯誤しているような印象を受けた。

120 :名無しさん:2000/04/15(土) 18:18
>113
2.太陽編の次には日中戦争の話がきて、その後現代編で
BJとつながるとかいう話を僕も聞いたことがあります.
3.国民栄誉賞は政治的な問題(共産党関係)で対象にならなかったとか
明確な基準のある賞ではないですし・・・




121 :>いんこ:2000/04/15(土) 18:18
まさか主人公に舞台の上でお漏らしさせるとは・・・こんなの他に無いよね(^_^;)
設定は結構シリアスなんだけど、おっちょこちょいなんだよね〜

犬の玉サブローが好きです!あの動きが何とも(笑)愛らしいです!

122 :>国民栄誉賞:2000/04/15(土) 18:25
手塚先生はそんな肩書き欲しがったとは思えないけどね。
むしろ『手塚治虫賞』が権威あるものになれば良い。
多分当時の議員は漫画読んで無かったんでしょね。
今、もしくは10年後なら当然選出されていたでしょうが。
サザエさんはTVアニメの人気もそうですが朝日新聞に連載されていた
って”権威”が効いたんでしょう。

123 :>113さん:2000/04/15(土) 18:43

手塚先生が亡くなって、国民栄誉賞を贈らなかったら、
漫画だからって差別だ、みたいな批判が出たので、
その後亡くなった漫画家には、「贈っとくか」みたいな
雰囲気になっちゃったんじゃないかと思います。


124 :名無しさん:2000/04/15(土) 18:45
七色いんこの「11ぴきのネコ」の回でこの元ネタの話が気になってます。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kousaka/wagner/124th/neko.htm
検索したらこんな感じみたいだけど、何故一匹のネコは他のネコ達に
殺されなければならなかったの?知ってる方教えて!
なんかほのぼの戯曲なのにラストがこんなだとは・・・井上ひさしなんとも。

125 :>121:2000/04/15(土) 18:45
岡田あーみんは、主役も脇役も、よく失禁させます。
手塚先生の影響だったのかー!(笑)

126 :名無しさん:2000/04/15(土) 19:19
>まさか主人公に舞台の上でお漏らしさせるとは・・・こんなの他に無いよね(^_^;)

あります。
主人公が試合中にお漏らしして観客席まで飛沫が飛んできて彼女がそれをゴクン。掲載誌はいんこと同じ。

127 :>121:2000/04/15(土) 19:40
グラップラー刃牙では殴り合いながら失禁する主人公とその兄弟が出演しています。

128 :辺境:2000/04/16(日) 05:52
>117さん、回答ありがとう。
七色はリアルタイムに読んでたので、週刊誌通りの順番に収録されてないのは間違いないです。
当時、雑誌とコミックを見比べて確認しました。(一巻発売時)
途中から作品というか作風がギャグに成ってしまったのが個人的に残念。

>120さん、回答ありがとう。
BJと繋がるとは・・・う〜む、想像出来ない。見たかった・・。
国民栄誉賞、そんな事情が有るとは知りませんでした・・・。

>122さん、回答ありがとう。
うん、その意見大賛成。
生涯第一線で現役を貫くのが本人の願いの一つとは思うけど・・・、アニメで大ヒットして欲しかった。
一時期のドラゴンボール程のアニメヒット作が有れば。時代が悪かったのだろうか。

>123さん、回答ありがとう。
もし、そうだとしたら・・・いい加減すぎますね。
でも、もらった人見るとピンキリだからなあ、そんなもんか。


129 :名無しさん:2000/04/17(月) 15:30
>「MW」とか倒錯はいってて、いいよ。
文庫で出てますか?

130 :名無しさん:2000/04/17(月) 17:09
手塚漫画ってアニメ(動画)に
するとなんかパワーダウンするよね。

手塚漫画の見せかたって
あきらかに、映画的、手法での見せ方と大きく違う。
映画的って部分もたしかにあるんだけど
作品から滲みでている「ニオイ」がまったく異質

131 :七色いんこの舞台:2000/04/19(水) 02:19
七色インコ:稲垣吾郎、千里刑事:宮沢りえ
佐戸井けん太、大島蓉子、こぐれ修、トロイ、久世星佳、ほか

赤坂ACTシアターにて2000年5月14日(日)〜5月30日(火)

なんともキャストが・・・・・・・・・


132 :名無しさん:2000/04/20(木) 01:18
どろろはアニメの出来良かったね。原作より良いくらい。
動画は少なかったと思うけど雰囲気出てた。

133 :名無しさん:2000/04/20(木) 02:06
七色インコってシャアに似てるやつだっけ?


134 :take:2000/04/20(木) 12:12
手塚さんの短編マンガ「雨降り小僧」には泣けた、マンガで泣けたのは
これが最初で最後。なんか手塚さんの短編系のマンガは一つ一つに厚みがあって
いい長編もいいのはいっぱいあるけど、なんか短編系のが好きだなー

135 :>132:2000/04/21(金) 06:39
どろろのアニメはアレンジ無しのほぼ原作通りだよね。
声は野沢那智だったっけ?おかげで百鬼丸はちょっとおとなのイメージだけど

136 :>107:2000/04/28(金) 02:47
っていうか、リボンの騎士は原作とまったく違う。
手塚先生は他では、わりと原作に忠実なアニメ化してるのになんでだろう?
自分もアニメ版が凄く好き。少し前再放送したのに途中で打ちきり。。。(T_T)

へケートが好きです(^O^)

137 :>134:2000/04/28(金) 06:29
「雨降り小僧」が好きなら「いないいないばあ」はいかがですか?
ざしきわらしと仲良くなった青年が、ざしきわらしの住む旅篭が
つぶされる前に、ざしきわらしを救おうとする話。泣けたな〜。


138 :take:2000/04/28(金) 19:54
>137

「いないいないばあ」は泣けると言うよりなんだかあったかい気持ちに
なれたです、よく考えてたら泣いてしまったのはまだあって「やじとぼく」
とブラックジャックの「鯱の歌」でしたね、後者の「鯱の歌』の方は
一度読んだらしばらくこれだけ読めなかったほどだったからねえ。

139 :>138:2000/04/28(金) 20:11
あああ〜〜〜〜〜っ!そのタイトルは私の中では
「紫の鏡(二十歳までに忘れないと不幸になるっていう
都市伝説)」と同じような、ほとんどトラウマ状態です。
あれ読んで以来、手塚さんの漫画はどれ読んでも可哀想な
感じがして恐くてだめになっちゃいました(涙)
ああ〜〜〜〜!あの涙浮かべて懇願するシャチの目があ!

140 :ブラックジャック:2000/04/28(金) 20:13
は「しめくくり」という地味な作品が俺は好き。
と、いうか全部好きだけどね。

141 :まり:2000/04/29(土) 05:19
下の方に埋もれてるブラックジャックスレッドで、BJ限定BOX
が今年の3月に発売されるという話がでてたのですが、リンクの
URLみても詳しい情報がのってません。もう発売されてるのでしょう
か?購入方法等具体的な事が知りたいです。ご存知の方、是非教えて
ください。売り切れてたら、中古でもいいから手に入れたいです。


142 :>141:2000/04/29(土) 06:22
このあいだ本屋の新刊置き場にでっかいダンボール箱が置かれていたよ。
箱ごと商品なので、あんな置き方しかできないんだろうなぁ。
最初は店員が開封サボったのかと思ったよ(笑)

143 :名無しさん:2000/04/29(土) 07:30
「かねひらだもの」でネタにされてたね。

144 :まり:2000/04/29(土) 11:50
>142
レスありがとうございます。
本屋さんで普通に買えるものなんですか。まだ間に合うかな。
さっそくあたってみます。



145 :無事で良かった!:2000/05/01(月) 07:21
こんな時のために定期的にレスして上の方において置かないと
駄目なんですね・・・BJスレッドは大丈夫かな?

146 :利便児:2000/05/02(火) 05:23
ふしぎなメルモって文庫化されましたか?

http://hoops.ne.jp/~now-kikaku/05_tezuka/song01.html
う〜無性にふしぎなメルモのアニメが見たくなってきた(^^ゞ
再放送見たの子供の頃だから内容覚えてないっす!
手塚先生の描く女性の絵って結構エッチっぽいんですよねぇ〜
さすがお医者さん。

147 :JINN:2000/05/02(火) 14:22
短編では「鉄の旋律」が一番すき。秋田文庫から出ているので読んでみてほしい。

148 :みんなも読んで!:2000/05/18(木) 16:06
レスの付きが悪いな〜
やっぱもうすでに語りつくされちゃったって事?
新しいファンも多いしこの場所ならではの意見とか良いと思うんだけどな〜

149 :しりあがり寿:2000/05/18(木) 17:05
手塚さんが「マネできん!」と言ったとどこぞで書いてあったけど、
ホントなんですかねこれ?

なんにせよ、他の作家に対するライバル意識が強かったそうですね。
自分のこと「巨匠」だなんて思いもしなかったんだろうなぁ・・・

150 :みんな読もう!:2000/05/24(水) 05:20
sakiサーバとこちらではどっちが本命なんですか?

151 :名無しさん:2000/05/24(水) 06:48
ある漫画雑誌の対談で、
手塚「大友克洋はどう思う」
星野之宣「なるべくみないようにしてます。絵が変わっちゃう」
諸星大二郎「それは同感」
手塚「あの絵はねぇ・・・」
みたいなのがあったけど、覚えている人いますか?

152 :>151:2000/05/24(水) 13:06
豪華メンバーですね…

星野・手塚はともかく、大友克洋に影響された
諸星大二郎って想像つかないや。

153 :>151:2000/05/24(水) 13:49
おぼえてます。双葉社スーパーアクションに載ったやつですね。
(他にも載ってたらゴメン)
星野のファンだったからそういう関心で読んだんだけど、星野の
言うことがすごかった。
「疲れてくるor手を抜くと似てきちゃうんですよ」だったかな?

154 :名無しさん:2000/05/28(日) 04:51
あげ

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)